こんばんは!ミニカー担当です!

お盆始まる前から現在まで私が推し推しのスパークモデルの新品をリリースするペースがとても早くていつ予約品が飛び込んでくるのかと迂闊に他の買い物もできません(笑

しかし、スパークも昔は単品で7千円代の高級品と言われて来ましたが、今ではエブロやミニチャンプスと言ったダイキャスト勢のが高価になってくるという逆転現象が起こりスパークは安いと言われる現在のミニカー事情はかなり不思議なものを感じますね、安くてレジン故の品質が良さがこのメーカーを気に入ってる理由でもありますね(笑

ミニカーコーナーでももっとスパークの在庫を広げたいな~と思います(笑

さてさて、そんなスパークですがつい最近新しいものが入りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい最近発売されました、ポルシェ962Cです!

こちらはナショナルシリーズの1種で限定500台とちょっとレアなモデルです、ポルシェ962は人気な車種なので案の定ネットショップでは売り切れが続出して既に入手はオークション頼りな感じがありますね…(汗

そんな中ミニカーコーナーとして1台手に入ったのは幸運ですね、ミニカー担当としてもグループC大好き人間の私としてもすごく嬉しい事です!

商品名はポルシェ962Cとなっていますがこちらは1987年に世界選手権を戦ったポルシェ962GTi-106Bで日本でもJSPCで戦っていた馴染みの深いマシンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとは1987年のWSPCハラマ360kmレースでデビューした962-106Bはリチャード・ロイドレーシングがイギリスのGTiエンジニアリングと共に造り上げた『GTiシャシー』の962バージョンの最初のプロトタイプです。

その後962-106Bはロスマンズカラーを纏いキャラミ500kmレースを戦い、世界を渡り歩いていくことになります。

 

 

 

 

 

 

こちらがキャラミ500kmを戦ったロスマンズカラーの962-106Bです、こちらはスパークがキッドボックス特注でモデル化していましたね!

そして日本へと転戦した962-106Bは今回紹介しましたマツダコレクションカラー、通称マツコレを纏いWEC-Japanで3位の好成績を挙げるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買い取ったこのモデルはまったくの未開封で鑑定団の新品シールを貼りたいぐらい綺麗な状態です!

ちなみに500/237と中間あたりの個体でした(笑

担当としては念願のプロトタイプマシンなのでミニカーコーナーの”顔”として並べたいと思います!

もちろん、売り物ですよっ!

ちなみにこの後、1987年のシーズン終了間近に962-106Bは日本のトラストレーシングに売却され日石トラストポルシェとしてJSPCに参戦、今後4年間戦い抜くのでした。

 

 

上記の記事に買取価格がある場合の注意事項

※記載の買取金額は静岡鑑定団八幡店の店頭での買取価格となります。
※鑑定団グループ内で買取価格は異なる場合がございます。
※相場の変動・在庫状況などにより上記価格で買取りが出来ない場合がございます。
※記載時の買取価格です。現在は変更となっている場合がございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

静岡鑑定団

〒422-8076
静岡県静岡市駿河区八幡5-8-3
TEL : 054-282-3009
WEB:https://www.shizukan.com/


法人様向け買取


電話番号054-282-3009 CDやDVDなどのメディア系商品をはじめ、ゲーム機&ゲームソフト、フィギュアやプラモデルなどの玩具、携帯電話や白物家電、雑貨、楽器、古着や腕時計などのファッション、ブランドバッグや財布、金券など、幅広く商品の買取&販売を行なっています。

店舗紹介 スタッフブログ